11.6インチ仕様

MacBook Air 11.6インチの仕様について

MacBook Airの購入を検討される際に悩むのが画面の大きさです。管理人も非常に迷いました。

【11.6インチ、13.3インチ共通仕様】
・グラフィック:GeForce 320M(メインメモリより256MB)※オンボード
・メモリ:2GB DDR3 SDRAM 1066MHz(最大4GB可)※オンボード
・光学ドライブ:無し(別売り)
・無線:IEEE802.11n、Bluetooth 2.1+EDR
・有線LAN:無し(別売り)
・Mini DisplayPort出力(DVI、デュアルリンクDVI、VGA、HDMI対応)
・ケース:アルミニウム


【11.6インチの特徴】
・CPU:Core2 Duo SU9400 (1.40 GHz/FSB:800MHz/L2:3MB)
・ストレージ:64GB SSD
・液晶:11.6インチ LEDバックライト(1366×768)
・外部接続:USB 2.0×2
・バッテリ:内蔵リチウムポリマー(実測で最大5時間※ワイヤレス)
・重量:1.06kg

下から、重量約1kgは優秀で確かiPadが600~700gのためタブレット程では無いものの、レッツノート(約1.3kg前後)より軽い。アルミが利いているのでしょう。

そしてバッテリーの実測が素晴らしい。ワイヤレスは無線充電の事かと勘違いしそうでしたが、ワイヤレステストの上でという意味のようです。

ワイヤレス生産性テストでは、ディスプレイの明るさを50%に設定した状態で、様々なウェブサイトをワイヤレスで閲覧し、ワードプロセッサでテキストを編集して、バッテリー駆動時間を測定。

バッテリ駆動という事でディスプレイを50%は良いとしましょう。その他は日本で標準とも言えるJEITA測定のような電源が入っているのかどうか分からないような測り方では無く、HPやDellがやっている実測。しかも詳細まで書かれております。

問題はバッテリが本体に内蔵という点で、故障や消耗すると高額な修理交換費用を請求されそうですが、Macを使うならAppleに分割払いしていると思い込む事にしましょう。内蔵の理由は本体が薄過ぎる為でしょう。

液晶は管理人の好みですが、1366×600という切れた画面では無く縦768ピクセルのワイド画面。画面の大きさは慣れも有りますが、作業効率を考えると広さ(解像度)は重要。

無線に続きこだわりはSSD、しかも64GBという、大容量では無いものの、普通にモバイルノートとして使うなら充分な容量と言えましょう。SSDはハードディスクと比較し、省電力、静音、高速、しかし高額という特徴有り。

CPUのプロセッサナンバーは、CPU性能から逆引きしたもので、SU9400(CPUファインダー)とするなら省電力。クロックは低いもののCore2Duoにも関わらずMaxTDP(最大熱量)10ワットという凄まじい省電力仕様となっております。

上の画像に有りますが、これらの仕様で88,800円>という価格はメーカーではここまでこだわったノートは100%無理でしょう。Appleだから出来た事。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)